トップページ > ビフィズス菌との違い > ラブレ菌とビフィズス菌の違い

ラブレ菌とビフィズス菌の違い

ラブレ菌とビフィズス菌は、どちらも人に有用な乳酸菌ですがそれぞれ特徴が異なります。そこで、ラブレ菌とビフィズス菌の特徴をまとめてみました。サプリメントや食事などで摂取する場合の参考になれば幸いです。
ラブレ菌
  • 特徴

    京都人が好んで食べるすぐき漬けと呼ばれる漬物から発見された乳酸菌。日本人の腸と相性の良い植物由来の菌種。

  • 働き

    腸内のビフィズス菌を増やす働きがある。また、便秘改善や免疫力の向上などの働きが確認されている。

  • 耐酸性

    塩分や酸性度の高く栄養の少ない環境で育った乳酸菌の為、胃酸に強く腸までしっかり届き腸内で生き抜く力が強い。

ビフィズス菌
  • 特徴

    母乳で育った乳幼児の糞便中から見つかった腸内細菌。腸内の善玉菌中に占める割合が最も多く健康を支える重要な細菌。

  • 働き

    悪玉菌の増殖を防ぐ働きがある。また、腸内環境を整え免疫力を高めたり、ビタミンB群を合成する。

  • 耐酸性

    胃酸に弱いため、一般的にはサプリやヨーグルトで摂取してもほとんどが死滅する。菌種の選定や製法を工夫したサプリもある。

ラブレ菌摂取が効率的

耐酸性に優れるラブレ菌を摂取して、腸内のビフィズス菌が増えやすい環境を整えるのが効率的です。ラブレ菌独自の効果も報告されていて、日本人に馴染みのある乳酸菌なので信頼性も高いと言えるでしょう。