トップページ >  ラブレ菌豆知識 >  ドリンクタイプとの違い

サプリとドリンクタイプとの違いは?

ドリンクタイプとサプリメントタイプはどう違うのですか?
どちらがラブレ菌をたくさんとれるのですか?



手軽さが違います

ドリンクタイプでもサプリメントタイプでも、生きたラブレ菌が同等の数だけ配合されているなら腸まで届くラブレ菌の数も同じです。
ドリンクタイプの場合は、冷蔵保管が必要だったり、ある程度場所をとるので外出先や旅行先で飲むのであればやや手軽さに欠けます。
その点、カプセルやタブレットタイプのサプリメントなら常温保存が可能で、ピルケースなどに入れて携帯すればバッグの中で場所をとることもありません。
ただし、サプリメントの場合小さなカプセルの中に生きたラブレ菌をドリンクと同等の数だけ凝縮するのは容易なことではないので、しっかりと製品の中身を確認することをお勧めします。


ラブレ菌サプリランキング

ラブレ菌は、2日から1週間程度で便として排出されてしまいます。毎日摂取して習慣化することが望ましいですが、すべての人がラブレ菌を含む京都のすぐき漬けを毎日食べられる環境にあるとは限りません。
そこで手軽にとれるラブレ菌サプリをランキングで紹介します。
ラブレ菌サプリランキングBEST3
No.1カゴメラブレ

生きたラブレ菌100億個を独自の技術でカプセル化。1日わずか1カプセルなので飲みやすく手軽に続けやすいサプリです。
詳細はコチラ

No.2善玉菌β

生きたラブレ菌を10億個配合した粉末タイプのサプリ。食物繊維やオリゴ糖も配合されたオールマイティなサプリです。
詳細はコチラ

No.3ラクトフェリン+ラブレ

ラブレ菌を細かく微粒子加工して配合。今話題になっているラクトフェリンを組み合わせた健康をサポートするサプリ。
詳細はコチラ