ラブレ菌を含めたトータルの乳酸菌配合菌数も大切なポイント

100億個以上の配合菌数がベター

ラブレ菌は、耐酸性・耐塩性に優れているので胃酸や胆汁の影響を受けにくい、つまり生菌として腸まで到達しやすいという特徴があります。しかし、すべての菌が100%腸まで届くわけではないので、やはりある程度の数が必要です。
また、腸内にはトータル100兆個もの細菌が住み着いていることを考えると、数億個程度の乳酸菌では善玉菌と悪玉菌のバランスに影響を与えるのは難しいかもしれません。
腸まで到達する乳酸菌の割合や到達した乳酸菌が増えていくスピードにも関係しますが、最低でも100億以上の配合菌数が欲しいところです。

ラブレ菌サプリを配合菌数で選ぶときのポイント
胃酸に強いラブレ菌でも100%腸まで届くわけではない。
100兆個という腸内細菌個数を考えると配合菌数は100億個以上がベター。

配合菌数で選ぶラブレ菌サプリランキング

1000億個配合
ラブレ菌を含む乳酸菌をトータル1000億個配合した乳酸菌サプリ。ヨーグルトに換算すると10個分に相当するラブレ菌などの乳酸菌を1日4粒でとることができます。

180億個配合
粒子の細かいナノ型ラブレ菌を180億個配合。5.5倍にパワーアップしたナノ型ラブレ菌が4粒のタブレットの中に凝縮されています。

180億個配合
超微粒子化したラブレ菌を180個配合。さらに今話題の成分であるラクトフェリンをプラスした腸内環境を考えた乳酸菌サプリです。

配合菌数で選ぶならコレ!

ラブレ菌などの植物性乳酸菌が含まれる発酵食品は、日本人のおなかの環境と健康的な体を支えてきました。安全性の面で信頼のおける乳酸菌は、積極的にとることが望ましい成分です。乳酸菌1000億の配合菌数は、健康的な体を支えるのに十分な配合数の乳酸菌サプリといえるでしょう。

ラブレ菌サプリの比較ポイント