トップページ > 配合菌数 > ラブレ菌を含めたトータルの乳酸菌配合菌数も大切なポイント

ラブレ菌を含めたトータルの乳酸菌配合菌数も大切なポイント

100億個以上の配合菌数がベター

ラブレ菌は、耐酸性・耐塩性に優れているので胃酸や胆汁の影響を受けにくい、つまり生菌として腸まで到達しやすいという特徴があります。しかし、すべての菌が100%腸まで届くわけではないので、やはりある程度の数が必要です。
また、腸内にはトータル100兆個もの細菌が住み着いていることを考えると、数億個程度の乳酸菌では善玉菌と悪玉菌のバランスに影響を与えるのは難しいかもしれません。
腸まで到達する乳酸菌の割合や到達した乳酸菌が増えていくスピードにも関係しますが、最低でも100億以上の配合菌数が欲しいところです。

ラブレ菌サプリを配合菌数で選ぶときのポイント
胃酸に強いラブレ菌でも100%腸まで届くわけではない。
100兆個という腸内細菌個数を考えると配合菌数は100億個以上がベター。