トップページ >  ラブレ菌を選ぶポイント >  乳酸菌の組み合わせ

ラブレ菌と他の乳酸菌を組み合わせるとパワーアップ

一口に乳酸菌と言ってもラブレ菌以外にもいろんな種類があります。その中でもラブレ菌と特に相性が良く、ラブレ菌と合わせてとりたい3つの乳酸菌について紹介します。
ラブレ菌

京都の漬物であるすぐき漬けから発見された植物由来の乳酸菌。
もともと過酷な環境で生きている乳酸菌のため胃酸にも強く腸へ生きたまま届きやすい乳酸菌です。

ビフィズス菌

大腸菌群などを始めとする悪玉菌の増殖を抑制する働きがあります。また、ラブレ菌とも相性が良く一緒にとることでビフィズス菌の増える量が増加する報告もあります。

フェカリス菌

球状の小さい菌なので大量に配合することができる乳酸菌です。他の乳酸菌と比べて免疫細胞を活性化する働きが高い乳酸菌で、最近とくに注目されている乳酸菌です。

乳酸菌は複数配合がベター

上で紹介した乳酸菌のすべての特徴をもったスーパー乳酸菌は残念ながら存在しません。ですから、複数の乳酸菌を一緒にとることで特徴を補うのが賢い摂り方といえます。

乳酸菌の組み合わせに注目!ラブレ菌配合サプリランキング

ラブレ菌ビフィズス菌フェカリス菌
ラブレ菌、ビフィズス菌、フェカリス菌を1日分の4粒に凝縮した乳酸菌サプリ。相性が良く異なる特徴を持つ3つの乳酸菌を手軽にとることができます。

ラブレ菌ビフィズス菌
ビフィズス菌を配合した善玉菌α、ラブレ菌を配合した善玉菌βを1日おきに交互に飲むことで、2つの乳酸菌をバランスよくとることができます。

ラブレ菌
複数の乳酸菌は配合されていませんが、ラブレ菌を超微粒子化(ナノ化)することでラブレ菌自体をパワーアップさせています。

乳酸菌の組み合わせで選ぶならコレ!

乳酸菌1000億は、日本人が昔から摂取してきた植物性乳酸菌の1種であるラブレ菌に、もともとヒトの体内に存在するビフィズス菌やフェカリス菌を配合した乳酸菌サプリです。このサプリなら異なる種類の乳酸菌サプリをいちいち飲み分ける必要がありません。

ラブレ菌サプリの比較ポイント