トップページ >  ラブレ菌豆知識 >  ラブレ菌の効果

ラブレ菌の働きと効果について

ラブレ菌の概要

京都の伝統的な漬物であるすぐき漬けが発見された植物性の乳酸菌です。ウィルスの感染から体を守るインターフェロンについて研究していた岸田綱太郎博士が、京都の男性が長寿であることに着目して京都の方が良く口にする漬物から発見しました。
ラブレ菌は、ビフィズス菌などの動物性乳酸菌とは異なり、塩分濃度や酸性度が高い環境で育っているので胃酸や胆汁の影響を受けにくく腸まで生きた状態で届き、さらに腸内で生き抜く力が強いのが特徴です。

ラブレ菌の特徴
便秘改善。

腸まで生きて届き増殖する力が強いラブレ菌は、腸の働きを活発にする働きがあります。また、ラブレ菌を継続的に摂取することで腸内の代表的な善玉菌であるビフィズス菌が増える効果があることが報告されています。腸の運動が活発化し善玉菌が増えることで便秘を改善する効果が実証されています。

免疫力の活性化。

インターフェロンは、ウィルスなどの感染を防ぐために体の中で作られる物質ですが、肝炎などの治療薬としても使われています。ラブレ菌は、体内でインターフェロンが生産される能力を高める効果があるといわれていて、ラブレ菌を継続的に摂取することで免疫力を高めることが期待されています。

ラブレ菌サプリランキング

ラブレ菌は、2日から1週間程度で便として排出されてしまいます。毎日摂取して習慣化することが望ましいですが、すべての人がラブレ菌を含む京都のすぐき漬けを毎日食べられる環境にあるとは限りません。
そこで手軽にとれるラブレ菌サプリをランキングで紹介します。
ラブレ菌サプリランキングBEST3
No.1カゴメラブレ

生きたラブレ菌100億個を独自の技術でカプセル化。1日わずか1カプセルなので飲みやすく手軽に続けやすいサプリです。
詳細はコチラ

No.2善玉菌β

生きたラブレ菌を10億個配合した粉末タイプのサプリ。食物繊維やオリゴ糖も配合されたオールマイティなサプリです。
詳細はコチラ

No.3ラクトフェリン+ラブレ

ラブレ菌を細かく微粒子加工して配合。今話題になっているラクトフェリンを組み合わせた健康をサポートするサプリ。
詳細はコチラ