トップページ > ラブレ菌の効果 > ラブレ菌の働きと効果について

ラブレ菌の働きと効果について

ラブレ菌の概要

京都の伝統的な漬物であるすぐき漬けが発見された植物性の乳酸菌です。ウィルスの感染から体を守るインターフェロンについて研究していた岸田綱太郎博士が、京都の男性が長寿であることに着目して京都の方が良く口にする漬物から発見しました。
ラブレ菌は、ビフィズス菌などの動物性乳酸菌とは異なり、塩分濃度や酸性度が高い環境で育っているので胃酸や胆汁の影響を受けにくく腸まで生きた状態で届き、さらに腸内で生き抜く力が強いのが特徴です。

ラブレ菌の特徴
便秘改善。

腸まで生きて届き増殖する力が強いラブレ菌は、腸の働きを活発にする働きがあります。また、ラブレ菌を継続的に摂取することで腸内の代表的な善玉菌であるビフィズス菌が増える効果があることが報告されています。腸の運動が活発化し善玉菌が増えることで便秘を改善する効果が実証されています。

免疫力の活性化。

インターフェロンは、ウィルスなどの感染を防ぐために体の中で作られる物質ですが、肝炎などの治療薬としても使われています。ラブレ菌は、体内でインターフェロンが生産される能力を高める効果があるといわれていて、ラブレ菌を継続的に摂取することで免疫力を高めることが期待されています。