トップページ > ラブレスルー > ラブレスルーの3つの特徴

ラブレスルーの3つの特徴

ナノ型ラブレ菌

通常ラブレ菌の大きさは9μmというサイズですが、ラブレ菌の働きを低下させずに1μm以下までサイズダウンすることに成功しています。ラブレ菌のナノ化には特殊な技術が必要で、従来と比べると5.5倍にパワーアップしています。

アカメガシワ

日本では、本州・四国・九州などの地域で自生している落葉樹で、樹皮は古くから生薬として用いられてきました。ラブレスルーには、ナノ化されたラブレ菌にアカメガシワのエキスを配合することで毎日の健康をサポートします。

健康雑誌への掲載

ラブレスルーは、からだいいことやクロワッサンなどの美容と健康を考える雑誌に紹介された実績のある商品です。昔から漬け物や発酵食品などの日本人の腸内環境をサポートしてきた植物由来の乳酸菌(ラブレ菌)が注目されている結果といえるでしょう。